山専ボトル|抜群の保温性を徹底検証!山でお湯を沸かさずともカップラーメンが食べられるって本当?

サーモス

山専ボトルとはTHERMOSが登山中の携行用に開発した水筒。

その保温性能の高さが話題になっています。

保温性能の高い水筒は登山でとても重宝しますよね。

今回は山専ボトルを紹介していきます。

山専ボトルの基本性能

容量750ml
重さ360g
価格¥6,600
大きさ(高さ) 25.5cm
大きさ(直径)7.8cm
保温効力(6時間)78℃以上
保冷効力10℃以下

登山中の水筒はいろんなスタイルがありますよね。

プラスチック性のボトル、折りたためるパックタイプの水筒、金属製の水筒

金属製の水筒の魅力はその保温性

冷たいものは冷たいままに、温かいものは温かいままに持ち運ぶことができる。

山専ボトルの保温性は非常に高く、長い登山の後でも温度を温かく保ちます。

逆にデメリットは重さ。

プラスチック性の水筒や折りたためるパックタイプの水筒と比べ、圧倒的に重くなります。

山専ボトルは他の金属製水筒と比べると比較的軽量ですが、やはりプラスチック性ボトルや折りたためるパックタイプの水筒と比べるとズシッと重く感じます。

いざ検証!山専ボトルの保温性

登山の際の楽しみといえば、やっぱり山頂でのランチですよね!

山で飲む温かい飲み物やスープは凍えた体に染み渡ります。

今回は山専ボトルに入れた熱湯の温度がどれくらい保温されるのか検証していきます

沸騰した熱湯を入れる

まずは山専ボトルに沸騰した熱湯を入れます。

最初の温度は90.9℃

普段だと山の上でバーナーを使ってお湯を沸かすことが多いですよね。

バーナーとCB缶の荷物を減らすことができるのは嬉しいポイントです。

長時間放置して保温性を検証!

3時間後…

3時間後の温度は85.5℃。

温度は5.5℃低下しました。

日帰り登山であればちょうど登頂するくらいの時間が3時間です。

麓のテント場でコーヒーを頂いて、余ったお湯を山頂に持っていく。

それでも十分に熱々のお湯が使えます。

6時間後…

パッケージに記載のある保温効力は6時間後でも77℃以上。

6時間後の温度は79.6℃。

最初と比べると温度は11.3℃低下しました。

パッケージ通り十分すぎる保温力ですね!

12時間後…

12時間後の温度は72.7℃。

温度は最初と比べ、18.2℃低下していました。

普通に飲むとちょっと「アツっ」となるくらいのちょうどいい温度。

実は70℃前後はちょうどお茶を入れるのに適した温度です。

山頂でお茶を入れて飲むのもいいかもしれませんんね。

時間温度低下温度
0時間90.9度0度
3時間後85.5度5.5度
6時間後79.6度11.3度
12時間後72.2度18.2度
山専ボトル温度変化
created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥4,800 (2021/05/11 07:07:07時点 Amazon調べ-詳細)

実際に山で山専ボトルを使ってみた!山専ボトルのおすすめポイント3つ

山専ボトルの使い心地をを確かめるべく実際に山専ボトルをたずさえて、登山に行ってきました。

使ってみたおすすめポイントを紹介します。

ザックから取り出しやすい

登山中にザックものを取り出すのって結構めんどくさいですよね。

山専ボトルを山で使ってみてまず感じたのが取り出すのがめちゃくちゃ楽!

フタの頭が持ちやすいように少し膨らみがあるんです。この膨らみに指がひっかかるので簡単に取り出すことが出来ます。

取り外し可能な底カバーが非常に便利

金属製ボトルでありがちなのが、底を石にぶつけてへこんでしまうこと。

ザックのサイドポケットや底に入れていると地面や岩に置いた際にへこんでしまうことがよくあります。

大切な水筒がへこんでしまうと気持ちまでへこんでしまいますよね。

山専ボトルはシリコン性の底カバーが付いているので、ザックの底に入れても安心でした!

しかも取り外しが可能なので、洗う時にも超便利。

シリコン部分と金属の隙間に汚れがたまらないのが嬉しいですね。

安定の保温性

やはり保温性は抜群でした!

今回は検証で使った12時間経過後のお湯でカップラーメンを頂きました。

ちょっとぬるいかなと感じるけどこれはこれで全然美味しい!

熱々のカップラーメンで一息つきたい方は6時間以内がベストかもしれません。

山専ボトルのネックは重さ 金属製ボトルは登山には少し重い

金属製ボトルの中では非常に軽量設計の山専ボトル。

なんと重さは360g

しかし、どうしてもプラスチック性のボトルや折りたためるパックタイプのボトルと比べると重く感じます。

登山中にお湯を沸かすことがめんどうでなければバーナーとCB缶を持っていくことで事足りるかもしれません

まとめ

今回は山専ボトルを紹介しました。

山専ボトルのメリット大きなメリットは以下になります。

  • 保温性が優れている
  • 機能性に優れた登山専用のデザイン
  • 下山後の手入れもしやすい

冬のこの時期の登山は保温性の高い金属製ボトルは必須です。

山専ボトルはその中でも非常に性能がいい!

是非山専ボトルで山の上で熱々のカップラーメンや飲み物を堪能して下さい。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥4,800 (2021/05/11 07:07:07時点 Amazon調べ-詳細)