関東からでも日帰りで行ける!関東から日帰り可能なおすすめ雪山3選

八ヶ岳

関東というとどこか「雪が降らない地域」という印象がありますよね。

そのため「関東から雪山に登るのは距離的にも難しい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、関東からでも日帰りで、手軽に行ける雪山はたくさんあります。

今日はそんな関東から日帰りで行ける、おすすめの雪山3選を紹介します。

雪山では、今まで出会ったことのない景色や、ワクワク感に出会えること間違いなしです。

ぜひ本記事を参考に、今年こそ雪山デビューをしちゃいましょう。

関東から日帰りのおすすめ雪山3選

関東からはアクセスが良い山も多く、雪山でも日帰りは可能です。

今回は、そんな日帰りできるおすすめの雪山を3つ紹介します。

三頭山

三頭山

三頭山(みとうさん)は東京都と山梨県にまたがる、奥多摩にある山です。「大岳山」、「御前山」と合わせて「奥多摩三山」と呼ばれ、三頭山はその奥多摩三山の最高峰(1,531m)となります。

三頭山は何と言っても、アクセスが他の雪山に比べとても楽です。そのため、冬の期間でも登山者が多いです。

登山ルートはいくつかありますが、最もポピュラーなコースは「都民の森コース」と呼ばれるコースで、とても整備が行き届いた登山道です。

都民の森

都民の森コースを登る場合、利用料無料の都民の森駐車場があるので、そこまで車で行きましょう。

夏であれば、JR武蔵五日市駅からバスを乗り継いで行くことができますが、12月〜2月の間はそのバスが運休しているため、公共交通機関を使って行くことができません。

車で向かう場合は、中央自動車道の上野原ICから甲武トンネルを通り、45分位で着きます。

天候次第ではありますが、途中凍結箇所もありますので、行く際は必ずスタッドレスタイヤで行きましょう。

基本的に道は整備されているので、迷うこともなく道なりに進んで行けば大丈夫です。

途中、三頭大滝や三頭沢を通りますが、全て凍っています。凍った滝や沢を見ると、自然の力の強さを感じますよね。2時間半ほどで山頂に着きますが、天気がよければ、山頂からは雪の被った富士山が見えます。

入笠山

入笠山は、長野県の南アルプスにある、標高1,955mの山です。この山も北横岳と共に、雪山デビューとして大人気の山です。

なぜなら、この山もゴンドラがあるため、ゴンドラの駅から山頂までは、往復3時間程度と気軽に登れる山となっているためです。

入笠山へのアクセスは、ゴンドラのある「富士見パノラマリゾートスキー場」を目指しましょう。諏訪南ICから10分程度とアクセス抜群の上、2,000台収容可能な駐車場は、駐車料金無料です。

ゴンドラに乗って山頂駅に着くと、すでに大パノラマの八ヶ岳が待っています。ここでもすでに絶景なので、登山しなくてもいいんじゃないかと思ってしまうほどです。

スタートしてからは、樹林帯の細い道を進みまが、30分ほどすると入笠湿原に出ます。入笠湿原はとてもひらけているので、雪遊びするにはもってこいの場所です。

入笠湿原から少し進むと、ゲレンデのような傾斜が長く続く場所に出ます。ここも雪山遊びにはぴったりなのですが、筆者のおすすめはヒップソリです。

筆者は入笠山に行くと、毎回ここの傾斜でヒップソリで遊んでいます。こんなことができるのも雪山の醍醐味ですよね。

ここを抜けると山頂はすぐそこです。山頂は360度の大パノラマとなっており、北アルプス、南アルプス、富士山と全て見えます。

遮るものがないので絶景ですが、その分風が吹くととても寒いです。山頂からの景色を長く楽しみたい方は、防寒着をしっかり持って行きましょう。

北横岳

北横岳

北横岳は、長野県の八ヶ岳連峰にある、標高2,480mの山です。標高だけを見ると、雪山登山としては難しそうな数字です。

しかし実際はロープウェイで一気に標高2,237mまで上がるので、登るのは250mほどしかありません。

山頂の標高は高いので、日本アルプスなどが見渡せます。手軽に行ける上に、とても景色がいいため、北横岳を最初の雪山登山に選ぶ登山客は多いです。

何を隠そう、筆者自身も初めての雪山は北横岳でした。

北横岳登山のスタート地点は、北八ヶ岳ロープウェイです。もちろん車で行けますが、JR茅野駅からバスが出ているため、公共交通機関を使って行くこともできます。

北八ヶ岳ロープウェイからはロープウェイに乗り、登山道まで向かいます。体力的に余裕があれば、ロープウェイを使わずに登ることもできます。1時間半ほどでロープウェイ山頂駅のところまで着くので、自身がある方は挑戦してみましょう。

北横岳の登山道は、ほとんどが樹林帯です。スノーモンスターとまではいかないですが、樹氷がとても綺麗です。

山頂の少し手前に、北横岳ヒュッテがあります。通年営業なので、ここで宿泊し、隣の縞枯山に縦走するのもいいですよ。

山頂に行くと、一気に展望がひらけます。八ヶ岳はもちろん、北アルプスも見渡すことができます。

雪山初心者には、本当におすすめの山なので、雪山デビューを考えている方はぜひ北横岳へ行ってみてください

まずは日帰りで雪山デビュー

雪山は本当にいいところです。

一面の銀世界はとても綺麗ですし、夏山に比べて人が少ないため、しんと静まり返った雪山を歩くと、心が洗われるようです。

登山の醍醐味は雪山にあるので、夏山登山に慣れてきた方は、ぜひまずは日帰りの雪山に行き、雪山デビューを果たしましょう!